刑事

  会社に行ったはずのご主人が帰ってこない,学校に行ったはずのお子様が帰ってこない,会社や学校に連絡しても分からないと言われ,心配で仕方がなく警察に捜索願(行方不明者届)を出そうと連絡したところ,逮捕されていると聞き,目の前が真っ暗になってしまう…
 あなたの大切な方が突然逮捕された場合に,示談交渉,早期釈放,不起訴処分獲得に向けた弁護活動を行うためには,すぐに弁護士に依頼する必要があります。そのためには,ご家族やご友人のご協力が不可欠となります。
なぜなら,逮捕されたご本人は,外部との接触を厳しく制限され(逮捕後,最大で72時間の間,ご本人と外部から接触できるのは弁護士だけです。),ご本人自身による依頼は難しくなるからです。
 また,身柄拘束されている刑事事件は時間との戦いですので,ご依頼のタイミングが遅れれば遅れるほど,できる弁護活動が限られてくる可能性があります。したがいまして,まずは速やかなご連絡をいただければと存じます。

料金表

認めている事件

着手金
      着手金の額
在宅事件 20万円~
身柄事件 30万円~
報酬金
報酬金の額
     30万円~

ページの先頭へ